ロシアのUber、yandexタクシーが超便利なので使い方を紹介

アプリ
photo credit: Фото Москвы Moscow-Live.ru IMG_7262 via photopin (license)

yandexとは?

yandexをご存知でしょうか?yandexとは、日本でいうyahoo Japanのような会社で、検索ポータルサイトを主軸に様々なサービスを提供しているロシアの企業です。特に検索ポータルは人気でロシアではまず知らない人はいないというレベルでしょう。

yandexタクシーとは?

photo credit: Фото Москвы Moscow-Live.ru IMG_7262 via photopin (license)

そんなyandexが開発したタクシーの配車アプリがyandexタクシー。

海外に行くと、

  • タクシーを呼ばないといけない
  • 目的地を現地の言葉で伝えないといけない
  • 料金がいくらかわからず、ぼったくられる可能性がある

というのが、海外でタクシーを使う場合のネックですよね。

インドネシアのGrabや、諸外国のUberもそこを解決できるのが素晴らしい点。もちろんこのyandexも同じです。

ただUberやGrabはシェアリングエコノミーのひとつで一般車が対象なのに対して、yandexタクシーは日本交通の配車アプリと同じくタクシーを呼ぶアプリということです。

ちなみにロシアはUberはなく、yandexと提携したようです。

yandexタクシーの使い方

まずはアプリをダウンロードしましょう。

Yandex.Taxi

Yandex.Taxi

Yandex LLC無料posted withアプリーチ

ダウンロード後はお決まりのSMS認証があります。

電話番号は日本のものでも大丈夫です。

入力して、SMSに届く6桁の番号を入力します。ロシア語で届きますが、そこは読めなくても問題ないでしょう。

その後、GPSをオンにするように求められるので、オンにすると現在地表示。

赤い吹き出しで配車可能時間が表示されます。

下のものだと3分後ですね。

where toから目的地を入力。ここは英語でも大丈夫です。

目的地までの時間が表示されます。

この「You will arrive 〜」を上にスワイプすると、料金と支払い方法(カードか現金か)が選べます。ここはあとで変更できないので注意。

選ぶとorder a taxiボタンがあるので、それを押せば配車完了。

少し待つと車種とナンバーが表示されます。

特に電話がかかってくることもなく、すぐに乗ることができました。

yandexタクシーの便利な点まとめ

以上のように簡単にタクシーに乗ることができる便利なアプリ、yandexタクシー、

あとはいかに使いこなせるかです。

yandexタクシーの便利な点といえば

  • モスクワやサンクトペテルブルクならすぐタクシーを呼べる
  • 料金と到着時間が事前にわかる
  • 日本の番号でも使える
  • 目的地を現地の言葉で伝える必要がない

ということになるでしょう。

逆にGrabやUberと比べて劣るのは

  • タクシー配車アプリなので、料金はタクシーの標準料金(ぼったくられない分マシですが)
  • 評価制度がないので運が悪いと変なドライバーが来るかも(特になかったです)

という点でしょう。

総じて既存のタクシーよりは確実に便利なのでぜひ使ってみてください!

コメント